木のぬくもりを感じる手刻みの家づくりがモットー

西村さん

素人ながら妻と2人で夢のマイホームづくり

 西村伊千郎さん(55)は大阪で生まれ、サラリーマンだった父の仕事の関係で高校を出るまでは東京で暮らし、北海道の大学を卒業後は東京に本社がある食品関係の会社に就職した。大阪、東京、さらに海外と転勤生活が続き、50歳を過ぎるまで自分の家を建てなかったが、2年前に会社を早期退職し、田辺市中辺路町近露(ちかつゆ)に築100年ともいわれる古民家を借り、妻と2人で移り住んだ。その後、借家から車で15分ほどの同町高原という熊野古道沿いの山の中腹にある集落に土地を買い、いまからちょうど1年前の2018年4月ごろから自分の手で家を建て始めた。
 50歳となり、2人の娘も成人し、仕事先の海外から日本へ戻ったのを機に、どこか田舎に終の住処をと考えるようになった。5年ほど前、リュックサックを背負って熊野古道を歩いていたとき、高原の絶景に出会った。「いいところだなぁ。こんなところに住めたらいいなぁ」と
思い、反対する妻と娘、親類を粘り強く説得し、夫婦2人で中辺路へIターン移住。自らの手で設計・施工のマイホームづくりを始めた。

 しかし、実際には土地を買うのも家を建てるのも分からないことだらけ。「移住するまでには市が主催のセミナーに参加し、農地だった土地の地目の変更や熊野古道沿いの景観条例の規則など、家を建て始めるまでは市の職員さんや地元の方に本当にお世話になりました」。独学で住宅建築のCAD設計システムのノウハウを身につけ、高校生と一緒に電気工事の検定を受験して資格を取得。木造平屋の屋根は一方向にだけ傾斜した「片流れ」、足場は礎石に柱が立つ昔ながらの「石場建て」、キッチン、リビング、寝室のほか、狭いながらも憧れだった書斎や薪ストーブも取り入れ、純無垢材のこだわりの家の図面が完成した。

 何でもとことんのめり込むタイプ、バイタリティーあふれる伊千朗さんといえども、家づくりに関しては所詮は素人。基礎や水道の工事はもちろん、ドアや引き戸の建具の部分などに関してはプロの手に頼らざるを得ない。あらき工務店の新城さんにも現場を見てもらい、「素人ながらこんな変わったことをやってるんですが…」と相談し、快くアドバイザーを引き受けてもらえた。「大工として手刻みの伝統の技にこだわる新城さんですが、ド素人の私の考えも尊重してくださり、プロの目で的確な助言をしていただいてます」と信頼を寄せる。
 2019年5月15日現在、全体の進捗率は7割を超え、「今年の秋には住めるようになるかな」とようやくゴールが見えてきた。去年の冬に使おうと、庭に積み上げたストーブの薪は1年先送りとなったが、今年の冬には夢のマイホームを温めてくれそうだ。